キャンプ ネイティブキャンプの企画・運営

子供向けの福島県 小野川湖のキャンプ場でアウトドアなら野外計画

キャンプ場について 小野川湖

キャンプ場について-ONOGAWA LAKESHORE-

キャンプ場 小野川湖

小野川湖レイクショア野外活動センターは福島県裏磐梯地区、磐梯朝日国立公園内に位置する野外教育施設です。この設営キャンプには、これまで来場したことのある学生、社会人の方や、自然の中での活動に興味を持っている方などが、ボランティアとして参加し、作業を通して交流を深めてきました。自然の中でのボランティア活動を通して新しい仲間と出会い、新しい技術を身につけてみませんか?

小野川湖の自然

小野川湖周辺の代表的な植物には、ハンノキの仲間や多くのヤナギ類が見られます。春にはヤマザクラ、タムシバ、ミズバショウ、レンゲツツジ、夏にはニッコウキスゲ、エゾミソハギなどが咲き乱れます。当センター内も、その他錦秋を彩るカエデ類やカラマツの林、ミズナラやぶなの自然林に囲まれ、学習教材の宝庫です。
また、この地は日本三大野鳥地の一つといわれるほどの野鳥の宝庫でもあり、季節毎の渡り鳥や一年中見られる留鳥は130種類にのぼります。夏鳥では、アカハラ、オオヨシキリ、オオルリ、キビタキ。冬鳥ではキンクロハジロ、ヨシガモ、ルリビタキ。留鳥ではエナガ、カイツブリ、カラ類、アカゲラ、ホオジロ、ミソサザイなどが見られます。

一方で、小野川湖周辺は多くの野生動物の住処としても著名です。大型獣ではニホンツキノワグマ、ニホンカモシカ。中型獣ではホンドタヌキ、キツネ、ニホンザル。小型獣ではホンドリス、トウホクノウサギ、ヤマネ、ヒメネズミ等。なかでも、天然記念物に指定されているヤマネは小野川湖の先住民として、当センターへ訪れる人々を出迎えてくれます。また、ニホンザルやニホンカモシカ、ホンドタヌキ等は毎晩のようにセンターに顔を出し、その様は、まるで「同じ地球上に暮らす仲間であること」を我々利己的な人間に説いているかのようです。
このように小野川湖には、人と自然との「つながり」意識を育む場があり、「共に生きること」、「豊かに生きること」への気づきの場、いわば「生を見つめる学習環境」が際限なく広がっていると言えましょう。

小野川湖の歴史

キャンプ場 小野川湖の歴史

1888(明治21)年7月15日、水蒸気爆発により噴火した磐梯山。その土石流により川が堰き止められ、五色沼をはじめ桧原湖や秋元湖など300程度の湖沼群が作り出されました。それらは磐梯山の北側、「裏磐梯」に集中し、小野川湖も代表的な堰止湖としてその名を知られています。
また、小野川湖を含む磐梯吾妻エリアは、猪苗代湖エリア、出羽三山・朝日エリア、飯豊エリアと共に、1950(昭和25)年9月5日、「磐梯朝日国立公園」として指定を受け、その面積は約19万haと日本で大雪山国立公園に次いで第2位の広さを誇ります。なかでも小野川湖周辺は、噴火後100年の歴史を経て回復したダイナミックな自然が色濃く残り、個性的で美しい景観を生み出しています。その自然は湿地帯、岩石帯、草原地帯など変化に富み、多種多様な動植物に恵まれています。火山や湖沼の成立から変化・更新などを知る学問的にも貴重な自然であり、環境教育に最適のフィールドと言えましょう。

アクセス

キャンプ場 小野川湖までのアクセス

【所在地】
〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字小野川湖畔
電話/Fax: 0421-32-2044
メール: office@yagaikeikaku.com
【電車でお越しの方】
「電車」でお越しの方は。東京から東北新幹線「郡山」下車、磐越西線に乗り換え「猪苗代」下車、「磐梯高原行」バスに乗り換え「五色沼」下車。
(事前にお電話頂ければお迎えにあがります。)
【車でお越しの方】
「お車」でお越しの方は、は東北自動車道「郡山JC」から磐越道(新潟方面)へ入り、「猪苗代磐梯高原IC」で下車。R115を経てR459を五色沼方面へ。五色沼入口を右折し、グランデコスキー場方面へ五色沼入口を右折し、グランデコスキー場方面へ。途中「不動滝入口」の看板を左折。

インフォメーション

プログラム一覧
カヌー・カヤック / シャワークライミング
焚き火、薪木広い、薪割り
ビバーク、ビバークトレーニング
野外調理 クラフト
トレッキング / 藪漕ぎ / 木登り(ピーク、不動滝)
魚釣り、虫取りなど
プログラム製品 個数 定員 備考
カヌー 18艇 36名 2人~4名まで乗船可
カヤック 24艇 24名  
タンデムカヤック 2艇 4名  
ウエットスーツ 50着 50名  
ライフジャケット 70着 70名  
貸出し備品 備考
ブルーシート タープや地面に敷くものと利用
野外計画炊飯調理器具 鍋、包丁、お玉などの調理器具
食器 箸、お椀、お皿等
ダッチオーブン  
火ばさみ等  
施設一覧 個数 定員 備考
テラスタイプキャビン 13棟 180名 15名収容
ウッドキャビン 4棟    
インディアンティピー 1張 8名  
ダイニングテントType1 1棟 150名 キッチン付き
ダイニングテントType2 1棟 70名 キッチン付き
ダイニングテントType3 1棟 50名 キッチン付き
水洗トイレ 2棟   洋式便器7基
管理棟 1棟   電話・Fax完備
温水シャワー棟 2棟   計8ヘッド
露天風呂 1棟    
施設の利用料金
お1人様1泊3,000円(日帰り利用2,500円[税別])

  • シャワー、トイレ、テント使用料を含みます。
  • 別途ゴミ処理費用ががかかります(70ℓ 500円)
  • 指導者、スタッフ派遣の費用は含みません。
  • ウッドキャビン利用は施設使用料とは別に使用料金がかかります。

ボランティア活動

野外計画では、自然の中で、子ども達と一緒に過ごすことに興味がある方、子どもの自然体験のコーディネートなどに興味がある方などを対象に、ボランティアスタッフを募集しております。それぞれプログラム毎に事前準備・トレーニングを行っているので、経験がない方も参加できます。この機会にキャンプリーダーをしてみませんか?興味のある方のご参加をお待ちしております。

【募集内容】
設営ボランティアスタッフ
撤収ボランティアスタッフ募集
駐在ボランティアスタッフ募集
ネイティブランドスタッフ募集
メール: office@yagaikeikaku.com

キャンプリーダー募集

設営スタッフ募集